忍者ブログ

ラピスブルー

DOAかすみ総合ファンブログ

かすみトーク【3】魅せる脚技 霧幻天神流

かすみの流派は言わずと知れた「霧幻天神流忍術天神門」。



素早い手刀や肘から、無数の派生を繰り出して一方的に攻めるアグレッシブなスタイルを思い浮かべると思います。



一方、同じく霧幻天神流を使うハヤテを見ると、腕力に物を言わせた力強い打撃や投げが目立ち、同じ流派なのにその印象は全く異なります。

共通点は「回転や高速移動による運動エネルギーを利用した体術」。



ハヤテの場合は素早い移動や回転で得た力を腕を使って相手に叩き込みますが、これには相応の腕力が必要なはず。
いうまでもなくかすみには到底使いこなせそうに有りません。



しかし、かすみは腕力の代わりに脚力を使っているのです。
力で劣るくノ一が屈強な敵を倒すための合理的な戦い方ですね。



セクシーな太ももは生き延びるために脚技を鍛えた結果、ということでしょう。

実際のところ、かすみの技の6割以上は脚技。
(独自調べ。DOA5LRの打撃技のうちキック属性のものの割合。)

素早い攻撃の印象から手や腕による打撃主体のスタイルと思いがちですが、実際は素早く軽い手刀や肘で先手を奪い、巧みな体捌きから繰り出される強力な脚技で大ダメージを与える戦い方をしています。

いくつか代表的な技を振り返ってみましょう。



遠心力を利用した代表的な技といえば「月輪脚」。
素早いバク転で発生した力がしなやかに伸びた脚を介してつま先に込められます。



「閃光裏襲斬」はくるくる回るかすみを象徴するような技ですね。
片足を軸に駒のように高速回転します。



前方ジャンプで体重をつま先に込める「炎顎蹴」。
軽やかさすら感じる美しい技です。



高速に移動する「封神歩」からは様々な打撃が繰り出されます。
力を膝に集中して叩き込む「桜花連翔」はバースのような巨体ですら吹き飛ばします。



くノ一といえど鍛錬を積んだ脚力はかなりのもの。
脚を跳ね上げる力を遠心力に変えて敵を蹴り上げる「飛龍脚」に見とれしまった方も多いのでは?



全身のバネ使った「舞扇」はどのような相手でも空高く浮かせてしまうほどの力を持っています。
やはり基本的な身体能力も人並み離れたものがありそうですね。



そして外せないのが幸せ投げこと「飛燕」!
鍛え上げた太ももで敵の頭を挟み込み、そのまま前転しながら叩きつけます。


かすみの霧幻天神流忍術天神門、みなさんはどんな印象をお持ちでしょうか?

拍手[5回]

PR

コメント

1. 無題

術者のポテンシャルを最大限引き出す事を前提として上手く組み立てられた戦闘術。

というのが、霧幻天神流の神髄と見ましたね、私は。

その上で世界最強の存在たらしめられたのが霞ちゃんという訳です。

Re:無題

確かにそうですね。
基本の型みたいなのは存在しそうですが、かすみもあやねもハヤテも紫電もみんなそれぞれに適した技を持っています。

元からのポテンシャルの高さ、霧幻天神流との相性、適応能力の高さ、そしてかすみ自身の努力により世界最強になり得たのでしょうね。

2. ふとももクイーン

こんにちは。前回は名前を書き忘れました(笑)

自分はふだんレイファンを使っていますので、かすみを使うよりも相手にして戦うことの方が多いです。
印象としては素早い手技で先手を取られて、コンボの終わりは肘か蹴りで吹っ飛ばされるというイメージですね。
ただあまりオンラインで対戦していないのと、自分は格闘ゲーム下手っぴなので、なかなか技についてコメントしづらいところです^^;

DOAの女性キャラ全体に言えることですが、実際の接近戦格闘技のように、みんな腰を落として構えますよね。
そのためにガニマタっぽい姿勢になっています。
それが格好悪いと感じる人もいるようですが、自分は太ももが好きなのでOKです(笑)
あの構え方は現実だとかなり太ももに負担がかかるので、かすみの太ももが太くなるのもうなずけます。
また、デフォコスだと白いハイソックスなので、上段に足がニュッと出てくると目立ちますよね。
背景が暗いステージが多いので、瑠璃光だと上半身の青はあまり目立ちませんから余計にそう感じます。
かすみの足は脚線美があるので、白い蛇のような、むしろ手より手らしいような感じさえします。

DOAキャラは胸の大きさばかりが言われますが、太ももと足のコンテストもするべきでしょう(笑)
マリーはともかく、ボクサータイプのミラが一番細いのではないかと想像します。
かすみは太ももの太さ、足の長さとしなやかさでトップクラスだろうと思います。

...今回、真面目なトークのふりをしたパンツ写真集かと一瞬思ったのは内緒です(笑)

Re:ふとももクイーン

名前が変更できない問題の報告を何軒かいただいています。
一度gg-blog.comとshinobi.jpのcookieを削除してみていただけますか?
お手数おかけし申し訳ありません。

対戦してるとパンチばっかりのイメージなんですが、実はパンチではほとんどダメージありませんw

霧幻天神流は昔からドッシリとした構えですよね。
おかげで色々見えるので良しとしますが、Phase-4でちょっとスタイリッシュになりましたね。

暗い背景とまばゆい下半身のコントラストは写真映えするので、今回の写真はFlowステージを選んでます。

どのキャラも胸以外にも見所が多いので、キャラごとにどのパーツが好きかアンケート取れば面白そうですね。
かすみは意見が割れそうですw

…この記事の意図、見透かされてますねw

3. 無題

はじめまして。
かすみの太股に釣られてましたw
鍛え上げられながらも、女性らしい瑞々しさと柔らかさ、しなやかさを併せ持った脚が眩しいです。

かすみの霧幻天神流は、疾さとトリッキーな動きを最大限活かして強敵と渡り合うための術というイメージですね。
死角からの強烈な脚技は、絶対的なパワーで劣る彼女にとっては生命線とも言えるんじゃないでしょうか。
きっとパンツも、相手を幻惑させるための要素でしょう!w

ただ、最大の武器ということは、相手も徹底して潰しに来るはずですよね。
そこを乗り越えてこれたのは、かすみの類まれな格闘センスのおかげでしょうが…ある意味、薄氷を踏むような闘いの連続ではないかと思います。
渾身の脚技をかわされ、身体が泳いだところに強烈な打撃を喰らって無残に敗れる日が来るんじゃないか…とワクワk、いや、心配していますw

Re:無題

書き込みありがとうございます^^
この至高の太股からは目が離せませんねw

スピードとトリッキーな動き、そして視覚を惑わすパンツと、パワーを補うための手段ならなんでも使うというのは実に忍者らしい戦い方と言えそうです。

一撃で形勢逆転しちゃうという危険と隣り合わせなところもワクワk、もといドキドキして、それがかすみの魅力にもつながっていそうですね^^

4. 魅惑のスリットとくノ一らしさ

皆さん、ご機嫌いかがですか
カスミスキーです。

ゆうさんのエロい…もとい華麗な足技のスクショを見ていると
瑠璃光と一連の足技はセットと言って過言ではないでしょう。
腰まで切れ上がった魅惑のスリットは危険極まりないですな(*^^*

あとかすみちゃんの霧幻天神流の技は、DOA5でさらにくノ一らしくなったように思います。
私はシ…フォト勢なので、以前のモノとの優劣は分かりませんが
コンボで姿が消えまくるのはスゲーかっこいいです。
6になったら、ああいう姿が見える変わり身系を増やして欲しいですね。
霧幻という名の通りですし、何より儚げなかすみちゃんにぴったりかと。

Re:魅惑のスリットとくノ一らしさ

瑠璃光が足技を主体とするかすみのために仕立てられているのは間違い無いでしょうね。
物理ダメージ以外も半端なさそうですw

DOA5の霧幻天神流、おっしゃる通り随分忍術っぽいものが増えましたね。
従来はクルクルまわってドーン、って感じでしたから、見た目の華麗さも数段上がったように感じます。

兄も妹も消えるところまでは体得してないので、やっぱりかすみは一族の中でもひときわ優れた能力を持ってそうですね。

コメントする