忍者ブログ

ラピスブルー

DOAかすみ総合ファンブログ

瑠璃光フリーク【3】おっぱいを強調する理由

公称値89cm、推定Gカップを誇るかすみの巨乳。
そんな素晴らしいおっぱいを瑠璃光は隠すどころか、さらけ出し激しく揺らしてしまいます。

 

党首であることを示すと同時に戦闘服でもある瑠璃光が、これほど胸を強調しているのはどういうことなのでしょうか。



胸の谷間は覗き込めば下乳まで見えるほど露出。



固定することなくゆったりとした胸元。



しかもノーブラです。



そのためおっぱいは少し動いただけで瑠璃光とともに激しく揺れてしまいます。そして、動きやすさという観点で胸を固定しないことに機能的な理由は思い当たりません。

しかし、あくまで戦闘服ということを前提に考えると、考えられる理由はただ1つ。
「幻惑効果」を狙ったものでしょう。



かすみの巨乳が谷間も露わに揺れているのを目の当たりにすれば、どのような相手であっても一瞬注意を奪われることは必至です。



乳揺れを物ともせず戦えるのは日頃の修行の成果でしょうね。



瑠璃光がおっぱいを強調する理由、何だと思いますか?

拍手[0回]

PR

コメント

1. 色仕掛け

ひょっとすると、負けたあとのことを考えてあるのかも知れませんね。
戦いですから負けそうになることもあります。
そういう時に色仕掛けがしやすいような服にしてあるのです。
負けそうになったら相手を誘いながら逃げて、油断させておいて仕留める。
くの一にはふさわしいやり方に思えます。

Re:色仕掛け

負けた時の色仕掛け、なるほど危険ですねw
敗北ポーズでもことさら胸を強調しているのはそういうことなのでしょうか。

ただでさえセクシーなコスチュームなので、たとえ勝ったとしても油断はできないですね。
かすみなら本気で逃げればどんな相手でも大丈夫でしょうけど。

2. 無題

敗北=死あるのみ、というのが個人的な忍者観です。
そもそも忍者が前面に出てチャンバラするとか格闘するとかはその時点で任務としては失敗にも等しい……と思いたいんですが、DOAの忍者はちょっと違うんですよね。
理屈付けて考えなければ、単なるファンサービス以外の何物でもないとは思うのですが、それでもあえて理由をつけるのならば『頭首はそもそも滅多に戦うものではない』ですかね。
そして戦うにしても無傷で瞬殺する。
ゆえにほとんど無防備のような瑠璃光でも問題はないのでしょう。
DOAでのかすみの戦い方はジャンプを駆使して相手を幻惑したり、間断ない連続攻撃で反撃の機会を与えないのが基本スタイルという気もしますんで、それもまたこの説を証明している……ことになりませんかね?(笑)

Re:無題

忍者観、同意です。
NINJA GAIDENのかすみのように、背後から忍び寄って瞬殺、なのが本来の姿だとするとDOAの忍者はみんな忍んでないんですよね。
そもそも、面と向かって対戦していること自体がファンサービス、ついでにいろいろ見せてくれているだけなのかもしれないですねw。

一方で、頭首が戦わざるをえないという状況はまず起こりえないため、実用よりも美しさを優先している可能性も捨てがたいです。
そして、かすみが本気出せばどんな相手でも軽く一捻りということを考慮すれば、実用性が低くても全く問題なく、確かに理にかなっていると言えそうです。

3. 美しく戦うための

 まずこの衣装が実戦や隠密行動に使われるかというと、私はNOだと思います。忍者が自分の身分を大きくさらすような衣装を着て敵前に現れるなどナンセンスです。おそらく里の中だけで着るシンボル的な衣装なのだと思います。実戦なら常夜桜のような戦闘服を着るのではないでしょうか。
 DOAではエントリーしている時点で身分を隠す必要もないため、むしろ霧幻天神流を代表して戦うという意味合いもあってこの衣装を着ているんだと思います。
 デザイン的に白妙と似ているところにも注目です。修行中汚してはいけないという厳しい掟のある衣装ですが、それと同時にその大きくはだけた胸元を乱すことなく戦わなくてはいけないという掟もあるのではと思います。戦いの中に美しさも求められるのです。それは頭首となればなおさらでしょう。瑠璃光が白妙と似たデザインなのはそういう意味もあるのかもしれないと、妄想を膨らませてみました笑。

Re:美しく戦うための

忍者なのに目立ちすぎだなとは思っていましたが、なるほど逆転の発想ですね。
もともと瑠璃光を着て里を抜けDOAに出場したのは雷道を倒すためなので、むしろ目立つことで相手をおびき出す意図があったのかも知れません。

強く美しくを突き詰めて、そのための修行技としての白妙、というのも納得です。
胸元を乱さず戦うのはかすみのようなスタイルであれば至難の技でしょうけど、それすら難なくこなしてしまうのはさすがといったところでしょうか。
まさしく、全ての里の忍びの憧れの的でしょうね。

4. 無題

以前のコメントにも書いたように、瑠璃光は『対男性用魅了兵器』のようなものだと思うので、無論、胸の谷間もそのためのものと見るべきでしょう。

それに私の脳内設定を付け加えると、霞ちゃんの肌の露出部分からは、霞ちゃんの体自体が持つ媚薬・麻薬成分が放出されており、霞ちゃんの呼気や匂いを吸い込むと、体中が麻痺したように動きが鈍くなり、更に精神状態もかき乱されて・・・みたいな感じでしょうかw

尚、これはもしも霞ちゃんが負けてしまった場合でも有効であり、そこに至る過程において霞ちゃんの汗の香りや霞ちゃんの吐き出す息をたっぷり吸い込んだ相手は霞ちゃんを求めざるを得ないほどに魅了されており、そして一度でも霞ちゃんの身体を味わってしまったら、たちまち霞ちゃんの虜になってしまい、後は霞ちゃんの『恋の奴隷』状態になってしまうといった感じですかねw

Re:無題

対男性用魅了兵器であれば、瑠璃光の露出の高さに関しては全く疑いの余地がないですね。
さらにかすみちゃんの香り自体が武器になるのであれば、むしろ肌を露出することこそが戦略上重要です。

恋奴隷になった相手がかすみに勝つシーンが思い浮かびませんが、万一そのような事態になってもきっと介抱してもらえるに違いありません。
それによって多くの敵を作ることになりそうですがw

コメントする