忍者ブログ

ラピスブルー

DOAかすみ総合ファンサイト

かすみトーク【14】 抜け忍になった理由

久しぶりの「かすみトーク」、今回のテーマは話の発端、なぜかすみは抜け忍になったのか?

抜け忍 かすみ

かすみが抜け忍になった理由は公式ストーリーやDOA2Uのオープニングムービーで語られています。
霧幻天神流の忍者「かすみ」は、一族から破門された狂人「ライドウ」に襲撃され
半死半生の態となった兄「ハヤテ」に代わり、その十八代頭首の座を継ぐことになっていた。
しかし、彼女の胸の内にあったのは、優しく、強かった兄を傷つけ、
里の奥義を奪った仇敵ライドウへの復讐の炎だった。
(『DEAD OR ALIVE 5 公式サイト』より)


兄のかたきを討つため
抜け忍となる道を選んだ、という、非常にわかりやすい理由です。
しかし、少し考えれば他にもっと良い選択肢があったのではという疑問が。

敵討ち

ハヤテが倒れたため、かすみは十八代頭首の座を継ぐこととなりました。



ということは、里の忍びを総動員してライドウを討つことも可能。
少なくとも単身抜け忍となるよりも安全で確実な選択肢は他にもたくさんあったはず。

にも関わらず、かすみが抜け忍となることを選んだのはなぜでしょうか?

若さゆえ・・・



「無鉄砲なところも若さ故か・・・」

ゲン・フーにもたしなめられてましたね。

結局、冷静な思考よりも思いが先走り、里から飛び出しちゃったんでしょう。
文字通り若さゆえの過ちと言ったところでしょうか。

かたきを討ったあとに拉致されたりと色々ありましたが、やはり本人も反省しているようで、早く里へ戻りたいようです。



「帰ろう、里へ帰ろう・・・」

かすみが抜け忍になった理由、なんだと思いますか?

拍手[0回]

PR

コメント

1. 無題

私情のために党首として動くぐらいなら、抜け忍になって敵討ちをしたかったのでしょうかね...
DOADのストーリーだと抜け忍になった後にライドウがDOAという大会に出るって事を知らされてるんでしたっけ??

Re:無題

ハヤテは一応次期党首だったはずなので、私恨だけにとどまらない事態だったはずですが、当時の党首の紫電は何してたんでしょうね。

DOADは従来のストーリー解釈と異なる部分が散見されるので、きちんと精査してみたいですねを

2. 無題

かすみなら確かに配下を総動員することもできたと思いますが…
自分を慕う多くの忍びがライドウに返り討ちにされてしまう未来が、彼女には耐えられなかったんじゃないかと思ってます。
里の皆を守ることとライドウを倒すこと、この2つを両立できるのが「抜け忍になって単身でライドウを倒す」という方法だったんじゃないでしょうか。
忍びとしては甘い考えかもしれませんが、彼女ならそんな選択をしても不思議ではないような気がします。

Re:無題

確かにかすみなら仲間を犠牲にしてまで仇を討つという選択は絶対にしなさそうですね。
そう考えると、抜け忍は例外なく処罰という考え方に固執する当時の里の人々の方に問題があるようにも思えてきます。

3. 無題

仮に霞ちゃんが当主になって敵討ちができるならそれが尤もでしょう。
しかし、それなら霞ちゃんが当主の座に就くのを待つまでもなく里の総意として敵討ちに動いたはず。
それがないのは霧幻天神流の里としてライドウは不可触の存在だったからではないでしょうか?
そもそもライドウもある意味抜け忍も同然の存在ですし、それが里を荒らしたのだから、本来ならば当然討伐の対象となって当然なのにそうしない。
これは「ライドウは不可触の存在だから、自分が当主の座に就いても討伐はない。それなら・・・」と霞ちゃんが考えるに不思議のない筋立てだと思いますが如何思われますか?

Re:無題

非常に興味深い考察ですね!
ハヤテがやられた直後に当時の党首の紫電が動かなかった理由は謎ですが、ライドウを破門にした際に金輪際関わりを断つということにしていたのであれば納得の展開です。
そうであったとしても、追放した者が里を荒らしに来たのに何もしない、という対応はどうも腑に落ちない気もします。
いずれにせよ、里の対応に振り回されているという意味では、かすみにとって釈然としないことが抜け忍になる前からあったのでしょうね。

4. 無題

ハヤテは霧幻天神流の次期頭首であり、ゆえにライドウを討つことには大義もありましたが……かすみの中ではハヤテの仇をとることは私情と思えてしまったのでしょう。
『5』においても「里の皆に迷惑をかけたくない!」と言ってます。ハヤテLOVEのかすみだからこそ激情に駆られたのでしょうし、それゆえに泥沼にハマりまくっていきましたが時間がたてばたつほどに助けも借りられなくなっていったのでしょう。気持ち的に。

忍者として天才でありすぎたがゆえに。
同時に、女性としてはまだ未熟であったがゆえに。

……というところでしょうかね。

Re:無題

かすみは自分一人でなんとかしようと思いがちなところがあり、その危うさが魅力にもつながっていたりしますね。
抜け忍の件に関しては兄さんが好きすぎるのが間違いなく悪い方に働いていたようです。。

コメントする