忍者ブログ

ラピスブルー

DOAかすみ総合ファンブログ

DOAD かすみ立ち回り考察2

かすみはスピードでゴリ押しというのがやっぱり基本ですが、
攻め方のバリエーションが少ないため、
ランクが上がって対応されるようになってくると途端につらくなってきます。

スピードを生かすためにも緩急つけた立ち回りで上手いかすみを目指す!

P派生、6Kは控えめに
かすみの主力技のP派生と6Kは、
主力ゆえに警戒されていてうかつに出すとホールドの的。
あえてこれらの技を控えめにすると、
かすみ慣れしている相手ほど戦いづらいようです。
2Pや66Kで下段を意識させ、3Pや6Pからディレイ気味に攻めると、
Pや6Kがより活きてきます。

2F+K
発生が非常に遅くぶっぱでも使いにくい2F+Kは
ダウン > 1P > 6K での強制起こし後に
6K, 66T, 2F+Kの3択として使うと非常に効果的。

2KK
スリップ地形(水、氷)ではいきなり浮かせまで持っていける高性能な技。
下段>上段なのでクリティカルでもホールドされにくいです。
浮かせた後は6PKKが安定。

拍手[1回]

PR

コメント

コメントする