忍者ブログ

ラピスブルー

DOAかすみ総合ファンブログ

DOA5 Team NINJAが目指す表現の方向性とは?

先日、DOA5での表現の方向性に関する記事を紹介しましたが、
その元となったと思われるインタビュー動画が公開されています。

Team NINJA interview (Gamereactor UK)

表現の方向性についてはどうも以前の記事の内容とちょっと趣向が違うようで、
日本語→英語→日本語と翻訳が繰り返された結果、
いろいろとニュアンスがずれてしまっているようです。
この動画も英語に通訳されていますが、
オリジナルの日本語の回答を聞いてみたいですね。

10分以上の長い動画なので一部をピックアップ(意訳を含みます)。
  • Team NINJAの作品はエロと暴力(sex & violence)で有名
  • NINJA GAIDENとDEAD OR ALIVE 5ではエロと暴力を再定義する
  • コンセプトをより進化させ、深い(mature)なものにする
  • 表面上のチープな表現ではなく、より大人向けでゲームに深み与えるものにする
  • NINJA GAIDEN 3での暴力表現について
  • 暴力に意味を持たせるためのコンセプトがConsequence
  • 呪われた右腕により、人を殺すことでハヤブサが苦しめられる
  • 大人なプレーヤーが暴力の意味を考えされられる
  • DEAD OR ALIVE 5のエロ表現について
  • 現実では胸だけを見て女性を判断するようなことはない
  • 女性キャラはDOAシリーズのシンボルであり、洗練させる
  • 男性の心を動かすような女性を描きたい
先日公開されたかすみの動画を見てもわかる通り、
エロ表現はやめるのではなく進化させる、ということのようです。

さらに、DOA5体験版についてもコメントされています。
  • プレーヤーからフィードバックを得るために早い時期に体験版をリリースする
  • フィードバックを元にシステムを改善していく
ということなので、
体験版をプレーしたらどんどんフィードバックするのがよさそうです。

拍手[5回]

PR

コメント

コメントする