忍者ブログ

ラピスブルー

DOAかすみ総合ファンブログ

DOA5 コミュニティーとの関わりについて

早矢仕さんがインタビューで、コミュニティーについて言及されています。
 
 
以下、コミュニティに関する部分の概要です。
 
DOAのプロモーションにソーシャルメディア(TwitterやFacebook)はどう活用されたと思うか?
 
プレーヤーたちと直接コミュニケーションできる。
DOA5ではコミュニティの声をかなり聞き、一緒に作り上げた。
 
日本ではあまりコミュニティの声を聞かない傾向があるが、どうだったか?
 
コミュニティは素晴らしい考えで、開発者とプレーヤーの距離が縮まる。
日本人の考え方もソーシャルメディアを活用する方向に変わりつつある。
DOA5で実装したFacebook連携はどのように活用されるか未知数だが期待している。
 
コミュニティと関わって良かったことと悪かったことは?
 
良かったのは、多くのプレーヤーの意見を聞くことができ、
DOAに対する愛を感じることができた点。
異なる意見がぶつかって言い争いになることがあったのは残念だった。
 
プレーヤー間での意見の相違は多かったか?
 
多かった。
複数の意見の中から1つを選ばないといけないこともあり難しいが、
異なる意見があることを尊重して欲しい。
 
コーエーテクモはヨーロッパとアメリカでコミュニティーをどのように扱っているか?
 
ヨーロッパではChinさん(@inspchin)が非常によくしてくれている。
彼のおかげでファンの声を直接聞くことができる。
アメリカでも同じような人がいると良いが、
今は直接コミュニティーに乗り込んでベストを尽くしている。
 
プロモーションや売り上げの観点でコミュニティーは貢献すると思うか?
 
コミュニティからは多くのものを学べるが、コアなファンだけでなく、
その他の多くのファンのためにも、100%頼るべきでは無い。
 
発売後にコミュニティに期待することは?
 
まずはゲームを楽しんで欲しい。
キャラクターに関する感想も聞きたい。
さらに、絵などのファン活動にも期待している。

拍手[1回]

PR

コメント

1. 無題

盛り上げて欲しい。盛り上げたい。私はネガな発言をしてしまうけど今回は出来る限り協力したい。何とかしたい。本来の意味でのコミュニティにしたい。
早矢仕さんは一般ユーザーの視点でも物を見る事が出きる人。前から思っていた。
Chinさんは本当に頑張っていた。納得。ベストショットも見せてくれた。気さくな良い人だ。

Re:無題

常々思いますけど、格闘ゲームとコミュニティーは切っても切り離せない関係ですね。
メーカーとプレーヤー両側からの取り組みが必要だと思います。

2. 無題

DOA5はα体験版からユーザーの意見を真摯に受け止めてきた印象があります。
あの体験版のシステムのままだったら今頃こんなに盛り上がらなかったでしょうね。

Re:無題

現状を見て振り返ると、α版を出して正解だった、といえそうですね。
盛り上げるための仕組みにTeam NINJAが気付いた、というのが一番だと思います^^

コメントする