忍者ブログ

ラピスブルー

DOAかすみ総合ファンブログ

DOA5 かすみ 強制起こし確定コンボ

かすみは普通にコンボを出しているだけだと、毎回仕切り直しになりがち。
うまく強制起こし(ダウンした相手を強制的に起き上がらせて有利な状況を作るテクニック)の使いこなして一方的な攻めを継続していきたいところ。





66H+K
66H+Kでダウンを奪い、相手が受け身をとらなかった場合は9Kでの強制起こしが確定し、20F有利に。
受け身を取ったかどうかの確認が難しいため、読み合いもしくは相手の癖を見抜く必要があります。

9K、6P6K、PP6P6K
9K、6P6K、PP6P6Kを地上で当てると相手はうつぶせダウンになります。
このとき相手が受け身をとらなければ9Kまたは派生の9KK、6P6KK、PP6P6KKをディレイで出すと強制起こしが確定。
9K単発の場合19F、派生の場合ディレイの時間により18〜19F有利になります。

9Kでの追撃は、相手が受け身を取らなかった場合は最速起き蹴りに潰され、受け身を取っていた場合は不利な状況になるので使用は控えるべき。

逆に派生の方は、起き蹴りはガード可能、受け身を取っていた場合も隙が少なめ(ディレイ時間によってぎりぎり立ち投げを食らう程度)なので、こちらを狙うのがお勧めです。

236T > PK > 9K
受け身不能の強制起こし。
ダメージ36、22フレーム有利。
PKは最速では無く少し待ってから。高低差があると失敗することがあります。
PKで拾うタイミングによっては受け身を取られてしまうこともありますが、オンライン対戦では最速気味に出すと比較的安定して決まります。ラグのおかげ?

236T > 66KK > 6PK2K
大本命(?)の受け身不能強制起こし。
ダメージ58、10フレーム有利。
こちらも高低差があると失敗することがあります。

投げ始動、重量問わず最速入力でOK、かつそこそこのダメージと有利フレーム。
ラグの影響かなぜかオンラインでは安定しませんが、受け身を取られても不利は0〜-3フレーム程度と確定反撃のないローリスクハイリターンなコンボです。
ただし、成功時は少し距離が離れるため追撃に使う技の選択が難しそう。

〜7KP+K
重量、状況限定で7KP+K締めの受け身不能強制起こしコンボは多数ありそうです。
いずれも地形の影響を受けます。

軽量級:
クリティカル(浮き1段アップまで) → 
7K6P+K K > 7KP+K など
クリティカル(浮き2段アップ) → 7K6P+K K > PP7KP+K など

中量級:
(ノーマルヒット)66PP6P+K K → 7KP+K など

ダメージ重視のコンボを使うか、強制起こしで展開を重視するかは対戦毎に判断する必要が有り大変ですが、うまく強制起こしを使いこなして相手を圧倒していきたいですね。

拍手[2回]

PR

コメント

コメントする