忍者ブログ

ラピスブルー

DOAかすみ総合ファンブログ

DOA5 エリオット 基本&キャラ対策

今回は高威力コンボが特徴の玄人向けキャラ、エリオットです。

# 2013/3/10
Ver.1.03Aに対応しました。




 
近距離
 
長い連携の押しつけと、固有ホールドが活きる距離。
 
[PP46P]
10F上段。46Pはガードさせて3F不利だが失敗して6Pになると-12F不利。
 
[PP2P]
P派生の下段崩し。
 
[7P]
9F上段。ガードされても3F不利と安全。
 
[4PPPPP]
中上中上中の5段連携。途中で止めて投げへ。
 
[1PPPPPP]
下中上中上中の6段連携。途中で止めて投げへ。
 
[3_P(663P/64123P)]
脅威の浮かせ直し性能を誇る空中コンボの要。663P、64123Pなどの入力で立ち状態から即座に出す練習を行う必要がある。
 
[236T]
投げたあと、壁がない場合は6K > 4PPPPKが安定。
 
[3H]
中段Pと中段Kをいなす固有ホールド。9KKから空中コンボへ。
 
中距離
 
主力技がそろっている距離。
 
[66PPPPP]
中上中上中の5段連携。途中で止めて投げへ。
 
[6P+K]
中距離の主力。見た目以上にリーチが長く、持続時間の長いクリティカルを誘発する中段P。隙も少なめ。
 
[66K]
長いクリティカルを誘発する中段K。隙も少なめで反撃を受けにくい。
 
[66P+K]
ガードブレイクで4F有利になる中段。
 
[6H+K]
ジャンプステータスの二段キック。壁ヒット後は3_Pから空中コンボへ以降可能。ガードされても4F不利と安全。
 
[2H+KP]
しゃがみステータス技で崩しの主力。
 
立ち回り
 
中距離をキープして66P+Kや2H+Kでプレッシャーをかけながらクリティカルを狙う。クリティカルを取ったら中段を意識させてホールドを誘い、236Tからの空中コンボで大ダメージを奪う。
近距離では2H+Kでの上段スカしや3Hのいなしで反撃に転じる。
 
対策
 
近距離でペースを握りつつ、クリティカルを取られてもホールドは控えめに。全体的にクリティカル持続が短いため回復を重視。
直線的な技が多いためSSが有効。

拍手[3回]

PR

コメント

コメントする