忍者ブログ

ラピスブルー

DOAかすみ総合ファンブログ

DOA5 ジャン・リー 基本&キャラ対策

今回は扱いやすく攻撃力も高いジャン・リーです。





近距離

[P6P]
10F上段から連続ヒットする連携。

[6PP]
主力の11F中段Pからの連携。クリティカルの持続にも便利。ガードされると投げで反撃されるので多用は注意。

[6P2K]
6Pからの下段崩し。

[6PK]
6Pから中段Kへの連携。ガードされても反撃を受けない。

[9K]
ノーマルヒットでも浮く中段K浮かせ技。

[7K]
上段の浮かせ技。クリティカル時の選択肢。

[4PPP]
初段ヒットで全段ヒット確定、6PP4でドラゴンスタンスにも移行できる。

中距離

[66T]
25F有利になるOH。ヒット時は66Kやショートダッシュから236Pが確定。本命はショートダッシュから6H+K4で追撃してクリティカル持続。

[6H+K4]
ノーマルヒットで崩れ落ちクリティカルを誘発し、4の追加入力でドラゴンスタンスに移行可能。

[66K]
ガードされても反撃を受けない中段K。

[236K]
ガード不能の上段。不意打ち的に出すと有効。

ドラゴンスタンス

[ドラゴンスタンス中6P]
中段P。クリティカルの持続用。

[ドラゴンスタンス中K]
中段K。クリティカルの持続だけでなく、クリティカルフィニッシュで浮く。

[ドラゴンスタンス中P+K]
中段Pのクリティカルバースト技。

立ち回り

近距離ではP6P、6P連携、66Tを中心にクリティカルを奪い、強力な択をかけていく。66T後は6H+K4でドラゴンスタンスへ移行しドラゴンスタンス中Kやドラゴンスタンス中6Pでクリティカルを持続しクリティカルバーストや浮かせまでつなぐ。中距離では66Kを適当に出したり236Kでの不意打ちが有効。

対策

6PPをガードして確定投げで反撃することで、6P連携を出しにくくしたい。66Tは思い切ってしゃがみハイカウンター投げで対応していく。

拍手[5回]

PR

コメント

コメントする