忍者ブログ

ラピスブルー

DOAかすみ総合ファンブログ

DOA5 かすみ対策2

今回は具体的なかすみ対策について。

接近戦はしっかりガード

かすみは9FのP、11Fの6Pなど接近戦では打撃の発生が早く、連携にディレイもかかるため、適当なタイミングで反撃に転じようとしてもカウンターの的に。しっかりガードしてから反撃するのが基本です。

下段派生をガード投げ確またはホールド

対かすみでは下段派生への対策が重要。

どこからでも下段に派生する打撃連携を防ぐのは困難ですが、まずは主要な派生を覚えるところから。
下段派生のポイントを把握したら次は反応、もしくは読んでしゃがみガードする練習を。
ガードできるようになったら確定投げで反撃する練習が必要になります。
慣れてきたら下段ホールドでも良いですが、ガードして投げる方が相手に「下段見えてる」プレッシャーを与えられます。

主要な下段派生と確定投げは以下の通り。

6P2K、4P2K:11Fまでの下段投げ確定

PP2K:15Fまでの立ち投げ確定

PP6P2K:11Fまでの立ち投げ確定、ただし距離が離れるため投げが届かないことがある

下段派生は食らって回復

もう一つの下段対策は回復。

かすみの下段派生はノーマルヒットで食らうとクリティカルになりますが、回復すれば追撃はガード可能でクリティカルの持続ができません。

下段のガードを捨てて回復に専念するだけでも被ダメージは大幅に減らせます。

クリティカルを食らったら回復、または下段ホールド

下段派生によるクリティカル以外でも回復は有効。
特にクリティカル持続された場合は回復することで多くの場合CB技をガードできます。

回復されてもCB技が間に合うクリティカル持続技はP、PP、PPP、4PP、6P+K、1PP、66KKと上段/中段Pに偏っている(1PPの初段は下段、66KKは中段K)ため、回復ガードを見せておくとホールドも狙いやすくなります。

また、空中コンボが苦手なかすみであれば下段ホールドも有効。
ただし1Tからのコンボをきっちり決められると大ダメージは免れないので、やはりホールドを出す時はきっちり読んで出しましょう。

ダウンさせられたら迂闊に起きない

空中コンボを食らったあとは受け身を取ったりすぐに起き上がりたくなりますが、かすみ有利になる状況が多々あります。
寝っぱなしを選択するとかすみは完全に仕切り直しになるため、実は有効な選択肢です。

ただし、9KKなどを食らうと強制起こしになるため程々に。

ホールドやしゃがみステータス技で出鼻をくじくのも重要

かすみは有利〜微不利の状況ではPや6Pで強気に攻めてきます。
一点読みのホールドで初段を取るのも時には必要となります。

中距離は3Kの間合いに入らない

かすみは距離とられると何もできない、などと言われることもありますが、ウソです。
発生が早くリーチがありガードされても安全でヒット時は有利になる3Kなど、優秀な技を持っています。

距離を取る時はしっかり取ってかすみの間合いに入らないように立ち回ってください。

H+Kぶっぱを警戒、食らうと確定コンボ

距離が開いた時にかすみが遠方でぴょんぴょん飛び始めたら要注意。
うっかり食らうと確定コンボでゴッソリ体力を削られます。

66KKは反応してホールド、特にクリティカル時は絶対

クリティカル持続で66KKを食らうとCB技が確定。
派生技は出が遅くモーションも大きいため、反応してしっかりホールドしてください。

4H+Kヒット時は最速回復ガードで3H+Kが防げる

クリティカル後に4H+K > 3H+Kというコンボは一見確定に見えますが、回復すればガードが間に合います。
回復するクセをつけましょう。

遠距離は3P+KPに注意、近づいてこない時は狙っている可能性大

遠距離でかすみがもじもじし始めたら3P+KPを狙っています。
迂闊にダッシュで近づくと危険です。


次回に続く!

拍手[5回]

PR

コメント

1. これ見てたら(^^;

なんか自分の事を言われてるようでドキッてしますw
4H+k>3H+Kは愛用してますし遠距離での3P+KP、まさに狙ってますw
他の突破口を見つけておかないといけませんね(^^;

Re:これ見てたら(^^;

対策されてからが読み合ですからね^^
内容的には使ってる本人が書いてるのでそれなりにリアルかもしれませんw

コメントする