忍者ブログ

ラピスブルー

DOAかすみ総合ファンブログ

DOA5 かすみの立ち回り強化

かすみの立ち回りを考えるヒントを参考にかすみの立ち回り強化を考えてみました。

公認プレーヤー"活忍犬"さんもイチ押しの技は33K、4P、Kの3つ。
これらの技はヒントの多くの部分に該当しています。

かすみはPや6Pを主体に考えるとどうしてもスピードを活かすことに考えが偏りがちですが、これらの技にはスピードや派生に頼る必要がないほどの強さがあります。

33K

発生16Fの中段K。リーチが長く発生が早い上に、ガードされても距離が開くので反撃を受けにくく、ノーマルヒットで浮くため空中コンボで追撃が可能。さらに打撃で潰されても背後空中ヒットとなるため大きな追撃がなく、33_Kと3をやや長めに入れながら出すとしゃがみダッシュしながら上段攻撃をスカしつつ近づけるなど、非常にローリスクハイリターンな技です。
(聞くところによるとDOA2時代からの壊れ技だったとか。)

主に使用するのは中距離の差し合い。少しダッシュしながら出せることを活かして相手の牽制技にカウンターで当てたり、スカ確として当てるのがメインの使い方。

また、ガードされても反撃されにくく、打撃を食らっても背後空中ヒットとなることから、相手の起き蹴りに重ねるのも強力。タイミングが合えば中段キックを潰すことも可能。

さらに、カウンターで当てるためには有利フレームを作って16Fの発生を相殺し、相手より早く33Kを出せる状況を作り出すことも重要。

有利フレームを作るにはPP2K、6P2K、PP6P2Kなどの下段派生が非常に強力。下段ヒット後にクリティカルを回復されても7〜8F有利なので、回復後の最速暴れに33Kがカウンターでヒット、回復されない場合はそのまま浮かせられます。

相手としては、下段派生で崩された後に回復して暴れると33Kカウンターヒットで浮かされて大ダメージ、ホールドすると33Tの投げで大ダメージ、回復ガードすると再度P〜で固めが継続される、と非常に動きづらい状況になるため、固まったところを投げる、という択も通りやすくなります。

6P、3P、PP6Pガード後などの微不利時に上段で割り込みんで来る相手には、33_K入力による短いしゃがみダッシュで上段をかわしつつ浮かせてコンボが狙えます。ただし中段への派生が早い技を出されるとカウンターで潰されるため注意が必要。相手に中段での反撃を意識させると3Hでの裏周りが狙いやすくなります。

かすみのP〜は警戒されがちですが、中段Kの33Kを強く意識させることで上段のP〜を振りやすくなり、P〜をガードさせると下段派生から33Kを当てるチャンスを増やせるため、33KとP〜は相互に補完することが可能です。

浮かせた後の空中コンボは、近距離ヒット時は33P > 2P > 4PKKや66KK > PP6P6KKなどが入りますが、距離が離れた状態では安定した追撃が難しいため、ダメージを追わずに仕切り直す判断が必要な場合もあります。

4P

発生12Fの中段P。下段派生で追尾のある4P2Kや、ノーマルヒットでも浮かせ技として使える4PKがあるため、相手は手を出しづらい技。リーチが長くカウンターヒットでクリティカルを誘発するので、そのまま派生で浮かせたり、ホールドを誘って遅らせ6Pや3Pなどでクリティカルを持続することも可能。

33Kと同じく中距離や微有利時にカウンターを狙って出したり、クリティカルを取った直後に4PKで浮かせるなど、発生の早さと相まってあらゆる場面で使いやすい技です。

カウンターで浮かせた後は4PKKでの追撃が安定(重量級には7K)。

K

11Fの上段K。リーチが長くノーマルヒットでクリティカルを誘発するため、KK6KやKKPで浮かせまでつなげられます。中距離で33Kや4Pを意識させ、相手が立ち回りでホールドを狙うようになったところに合わせていくことができると理想的。逆にKを意識させられると33Kや4Pも狙いやすくなります。

浮かせの派生が3段目と遅いので中段K/中段Pを使い分けるだけでなく、K3KやK2Kといった別の派生を意識させると浮かせ技につなぎやすくなりそうです。

浮かせた後はPP6P6KKでの追撃が安定(重量級には7KP+K)。

その他

33K、4P、Kの他にも、
  • 9K:カウンターヒットでバウンド浮き、派生もある
  • 3P:カウンターヒットで長いクリティカルを誘発、ダメージが20と大きいので相手の肘に打ち勝ちやすい
  • 33P:上段をスカす中段Pでカウターヒット時は浮かせ、背向けに移行後はしゃがみステータスの背4Pやジャンプステータスの背8Kも
  • 4K:ノーマルヒットでクリティカル誘発、派生の4KPは浮かせ技、4KKはカウンターヒットでバウンド浮き
など、まだまだ研究の余地のある技が沢山。

Pや6Pのスピードと派生の多さを活かした立ち回りや、特殊移動を使いこなしたトリッキーな立ち回りにこれらの技をうまく組み合わせることで、かすみはまだまだ強くなりそうです。

拍手[4回]

PR

コメント

1. ふーむ

なんとも興味深い。今やセオリーの攻め方だけでは勝てない、そして戦術に正解など無い。全ての戦術を用いる必要があり、通るならそれは有効。キャラを使い込むと迷ったり悩んだりしますが、私も再度研究してみます。参考になりました。面白かったです。

Re:ふーむ

ありがとうございます^^
考えたことを実戦で実行するためにはさらに相手のタイプに合わせて強引に攻めるかちょっと引くかといった、通る戦術の選択、が必要になってきますね。そしてそれには経験も必要。
奥深いです。

2. 無題

更新お疲れ様です。一読させて頂きましたたが、33Kは早速連携に組み込んでみたいです。あとKからの派生なんかは自分はコンボパーツにしか使っていなかったので、こちらもいろいろ試してみたいです。その1ってことは2もあるんですよね?楽しみにさせて頂きます。

Re:無題

参考にしていただきありがとうございます^^
続編があるかどうかは分かりませんが、研究は続けたいですね。

3. 無題

すいません、記事見直したらどこにも「その1」なんて書かれてませんでした。なにを見間違えたのやら...

Re:無題

いえいえ、気になさらないでください。
昔の記事のことかも知れないですね。

コメントする