忍者ブログ

ラピスブルー

DOAかすみ総合ファンブログ

DOA Dimensions 体験会で判明したシステム変更点など

DOADの先行体験会ではほとんどかすみ(とカスミα)しか使わなかったんですが、
基本的な戦術に影響するほど調整が加わっていることに気付きます。

まずはシステム周りで気付いた点から。

ホールドの3択化
浮かせの主力の中段が1択になったことで上段浮かせの重要性が増加。
また、中段でのクリティカル持続もリスクが高まったため、
DOAUの様に、
クリティカル、即浮かせ
というスタイルが増えそう。

ホールドの硬直時間
見てわかるほどホールドの硬直時間が延びてます。
これにより「最速下段ホールド」の有効性が激減。
また、クリティカル時にホールドを出すと、
見てからハイカウンタースローの餌食になりかねないので
守る側の最良の選択肢はレバガチャ回復かも。

ゲームスピード
全体的に遅くなっているように感じられ、
ホールドで反応しやすくなってる気がします。
ヒット時のエフェクトや効果音も影響してか、
一撃一撃が重い感じに。

ホールドの受付時間
オンラインで対戦時、打撃にホールドで割り込みづらく感じることがあったけど、
こればかりは多少なりともラグがあるオンライン環境では避けられない現象かも。

いなしホールド後の状況
一度だけかすみの7Kをいなされた後、
背後を取られたことがありました。
地形による影響かは不明。


その他気付いた点。

勝利ポーズ
通常勝利ポーズとGREATESTの二種類でした。
GREATESTは2ラウンド以上をすべてGREATEで勝利する必要があるので、
基本的には勝利ポーズは一種類。
ただし、せりふは複数種類あるみたいです。
(製品版も同じ仕様かどうかは不明。)

リプレイ
残念ながらなくなってるようです。
バトルレックモードもナシ。

ロード時間
ほぼ皆無。
ただし、オンライン対戦後、
毎回セーブが挟まるのがややテンポを悪くしています。

システムボイス
かすみでプレイを続けているとシステムボイスとしてかすみが選べるようになりました。

キーコンフィグ
カスタマイズでF+P+Kが設定できなかったけど、
使うシーンがないということ?

3D立体視
クロニクルモードではオンにすると臨場感のある演出が楽しめるけど、
対戦中はやはりOFFにしておくのが無難。

音楽
DOA1の曲などかなり懐かしいものが収録されています。

HOMEメニュー
3DSのHOMEメニューでDOADにフォーカスを当てると
SDかすみが表示されてしゃべります。

ゲームコイン
使う場所がなかったような・・・。
(製品版も同じ仕様かどうかは不明。)


さいごはかすみ(とカスミα)で気付いた点。

各種技の調整
もともと強キャラですが、
今回も基本的には手数が多く強そう。
ただし、いろいろと下方修正されてます。
・6P2KやPP6P2Kのノーマルヒットでクリティカルを誘発しない
・6PKKの拾い性能が低下するなど全体的にコンボが弱体化
・主力の10F投げのコマンドが236F+Pに変更
・PPでクリティカル持続させた場合のクリティカル時間が激減
などなど。
もともと中段に派生する技が多いのにホールドが3択になったため、
ディレイや出し切りの見極めがますます重要になりそうです。

復活したダウン追い討ちの2+Pはヒットさせても相手が起き上がらず、
ダウンを継続させられます。
ハヤブサにも同様に2+Pが復活していることを確認。


コスチューム
体験会ではCostume 4まで確認。
・青忍装束
・白忍装束
・緑の新コスチューム
・セーラー服(白)
これで全部じゃないよね?
髪形はL、Rの組み合わせで4種類から選択可能。
DOA4ではシルクのように軽かったスカート類は、
今回しなやかさが無くなり重たくなっているようです。
(普通にパンチラするけど、すぐ戻る。)

カスミαについて
性能的にはかすみをベースに一部の技がDOA2仕様でした。
6Pの肘や33Kの浮かせなど、また猛威を振るいそう。
コスチュームは露出の少ない赤/黒忍装束と、
同じタイプで赤白の新カラーリングの3種類を確認。
勝利ポーズはかすみと同じようです。

拍手[3回]

PR

コメント

コメントする